スタッフ日記



┃この季節が一番楽しい


どうも皆さま、マニアックです


いよいよ2月になり、自分の好きな競馬も今年最初の中央GⅠであるフェブラリーSの開催も近づいてきましたが、個人的にこの季節は来る春のクラシックへの予想が楽しい時期でもあります


2歳戦が整備され、色々なローテからクラシックへの道が確立された昨今では実力馬たちの対戦が本番までなく、その世代の力関係が中々に読みづらく、皐月賞ないしダービーが終わるまでは本当にどの馬が一番強いのか分かりづらくなっています


自分が競馬を見始めた頃は大体クラシックを狙う有力馬は暮れの阪神あたりでデビューし、ラジオたんぱ2歳Sや共同通信杯で名を上げ、弥生賞で地位を不動のものにして皐月賞に挑む・・・みたいなローテが王道って感じでした


そこから2歳重賞が増えたり、去年にはホープフルSが2歳中距離GⅠレースになったり、また共同通信杯からの直行組が増えたりと、今では各陣営が本当に様々なローテを立てて春のクラシックへと駒を進めてくるわけです


まぁ2歳重賞が増えた影響で重賞の勝ち馬ですらダービーの出走が出来ない可能性すらあるわけで、各陣営も賞金加算や優先出走権の獲得、また同じ馬主の場合は権利の分散なども考えての現状というわけです


ただし今年の場合はちょっと例年とは趣向が違い、現在クラシック有力と言われている馬が3頭、王道である弥生賞から皐月賞に向かうと報道されています


最優秀2歳牡馬のダノンプレミアムに3戦3勝のワグネリアン、前走を2歳コースレコードで圧勝したオブセッションです


この3頭は現時点ではクラシックの覇権争いをすると予想されている3頭で、それぞれが無事に皐月賞に向かえば上位人気は必至であろう3頭ですね


今年はこの3頭にホープフル勝ちのタイムフライヤー、そのタイムフライヤーを前走で退けたグレイルなども有力視されていますが、現時点での評価はこの3頭が最も高いと言えます


グレイルは今週の共同通信杯、タイムフライヤーは若葉Sからの始動となるようですが、先述の3頭は弥生賞から揃って始動となること


この3頭のレース振りから今年の皐月賞~ダービーまでの有力馬の力関係がようやくはっきりしそうなので、一競馬ファンとしては今から楽しみで仕方ないです


個人的には武豊騎手のお手馬であるグレイルに期待していますが、今週の共同通信杯の結果如何ではダービーまで楽しめそうです


競馬にとってもちろんどんなレースでも【勝った馬】が強いわけで、レース結果を見てしまえば力関係がはっきりするものなんですが、こうしたどの馬が強いのか?といった予想も馬券とは違った楽しみがあるので個人的にはすごく楽しかったりします(笑)


ともあれ皐月賞まではあと2ヶ月弱ですから、それまでは有力馬のレースを参考に展開や力関係を想像しながら楽しみます


ではでは、本日はこの辺りで


以上、マニアックでした
2018/02/09 00:00
いいね!(3)
コメントを書く



日記一覧 日記アーカイブ 日記トップトップページへ